2011年04月27日

漢字の時間

さあ、「漢字の時間」です。

カンジとジカン、音だけに注目すれば上の読みと下の読みを入れ替えた関係です。

このようなルールで漢字の時間回文を作ってください。
タイトルのように適当にひらがなを入れるのもアリとします。

より長くて意味が通っていれば高得点です。

aret
posted by aret at 23:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 漢字の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

底元春讀吾 □ 切公鳩汁

底元春讀吾 □ 切公鳩汁

□ に入る漢字を探しましょう。

aret
posted by aret at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 漢字の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

あなたが選ぶベストゲームは?

「あなたが選ぶベストゲームは?」

って聞かれても、何のこと?名勝負?

ゲームはいろいろと好きだけど、一番を選べといわれても
なかなか困ってしまいます。

ここでは「卓上で遊ぶゲーム」としましょう。

1位〜5位をあえて挙げるとすれば・・・

1位)ロイヤルモノポリー(モノポリーの日本語版)
2位)麻雀
3位)ヤッツィー(ダイスゲーム)
4位)チェント全般
5位)トランプ全般

最近、チェントがランクイン。

ちなみにスポーツ雑誌「Number」は777号を発売中。
http://number.bunshun.jp/articles/-/115194

aret
posted by aret at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | パズル&ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

ビンゴカードの配慮

おもちゃ屋さんで60枚セットのビンゴカードを買ったら、カードの右上に「タイプ3」と印刷されていました。説明を読むと、61人以上で実施する場合に異なるタイプのカードをお買い求めください、全5タイプだと300人同時に実施できる、という事でした。
逆に言えば同じタイプを2セット購入して120人で実施すると全く同じカードが2枚ずつ存在してしまい、同じタイミングで2人がビンゴしてしまうわけですね。
もし、同じカードは絶対に1枚しか生産しないというメーカーがあったとしたら、この会社は当面やっていけるでしょうか。。1日1万セット(=60万枚)出荷できるとしたら、何年もつでしょうか?

(典型的な5x5のBINGOカードの形式とします。真ん中にFREE、各列15の範囲(B列1〜15、I列16〜30・・・)とします)

aret
posted by aret at 23:57| Comment(7) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

娘パズル的アプリ

getmeout.png

娘パズル的iPhoneアプリ「Get Me Out」
無料で120面遊べます。

aret
posted by aret at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | パズル&ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

Dr. Stone Brain

Dr. Stone Brainといえば石頭計算機の生みの親として著名だとか。
石頭計算機とは如何なるものか。
設計者のDr. Stone Brainとはどのような人物なのか。
「わが友石頭計算機」(The Stone Brain Computer)という絵本を探しています。

aret
posted by aret at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル&ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

Nintendo 3DS

今日初めてNintendo 3DSを店頭のデモンストレーションで見ました。
実際どのように見えるのか興味がありましたが、なかなか凄いものでした。
驚いたのは、音声のボリュームを調整するかのように3D映像の飛び出し具合を調整するツマミがあったことです。
特別なメガネを掛けなくても手前と奥がハッキリとわかるような立体映像は、これからもどんどん世の中に出てきて浸透するのでしょうか。

aret
posted by aret at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル&ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ソリッドパズル「FACOM」

facom.jpg

テンヨーのソリッドパズルシリーズの1つ。
ポリキューブのペントミノ12種類で
主に3×4×5の直方体に組むものです。
(他に2×5×6や2×3×10の問題も
紹介されています。)

FACOM(ファコム)という名前がついたのは
いろいろなパズルの解答を計算した
富士通のコンピュータFACOM270-30にちなんだ
との事。

(私のコンピュータとの出会いは富士通のFM−8
でした。また学生時代にお世話になった計算センター
の大型コンピュータも富士通でした。)

aret
posted by aret at 01:59| Comment(5) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。