2006年10月19日

十余一、十余二、十余三

千葉県には面白い地名があります。
数年前のことですが、たまたま十余二(トヨフタ)という地名に
出くわしました。
10余り2 なんて算数チックで面白い地名だなと、
ためしに「十余一」「十余三」を検索してみると・・
見事に存在しました。
同じ千葉県内ですが、

白井市十余一(トヨイチ)
 柏市十余二(トヨフタ)
成田市十余三(トヨミ)

と市は異なります。
郵便番号を調べてみると、
十余一 270-1411
十余二 277-0872
十余三 286-0101 ・・オシイ!

※成田市大栄十余三なら 287-0243

どんな由来でこの地名が付いたのか興味深いものがあります。

1)
さて、松戸市にある地名、
 五?六?
何と言う地名でしょう?

2)
市町村合併でできた市だと思いますが、
「匝瑳市」
これは何と読むでしょう?

(他にも難読な市がありましたら教えて下さい。)

aret
posted by aret at 01:50| Comment(8) | TrackBack(1) | パズル・クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江戸時代に開墾された土地の番号を付けたのが由来のようですね。一から十三まで。
http://johokan.net/Others/surprise.html
Posted by かっちゃん at 2006年10月19日 18:19
目からウロコです!
なんと、11、12、13だったんですね。
松戸市に1〜9まで地名があるというような話は聞いていたのですが、具体的に1が初富だということは思いもよりませんでした。
そして、それが13まで続いていたとは!!

かっちゃんさん、教えていただきありがとうございます。
Posted by aret at 2006年10月19日 23:34
五?六?:こんな地名があったんですね。
漢字のクイズに一?二?、二?三?、三?四?、四?五?、五?六?と
段々数が増えていく言葉を問う問題があります。五?六?はもちろん
五臓六腑ですが、この地名も正解に加えたいですね。
ところで六?七?は何

「五六」で「ふのぼり」と読む苗字があります。
Posted by M at 2006年10月20日 02:59
「五六」
>ところで六?七?は何
六捨七入
はちょっと反則ですか?
五捨六入することはよくあるのですが、
六捨七入するシーンはなかなか無いでしょうね。

六月七日
は毎年必ずありますね。

六男七女
ひょとしたらそういう兄妹いるかもしれません。

四字熟語辞典では六?七?は見当たりませんね。
一番近いので「六菖十菊」
Posted by aret at 2006年10月23日 08:24
五六五六(ふのぼりごろー)
雷会館に勤めている人にいたら面白いですね。
Posted by aret at 2006年10月23日 08:26
> ところで六?七?は何
六勝七敗、六泊七日、・・
ペコリ
Posted by M at 2006年10月23日 16:08
五香(ゴコー)・六実(ムツミ) 両者別の地名で両方とも駅になってます。
11以降はトヨイチ、トヨフタ、トヨミです。10+1の考えですねw
残念ながら、全部住宅街か田舎ですorz

ソウサなんて難読ですよね。成田の方とか、南の方行くと難読が多い印象があります。

自分は北西部の人間ですが、千葉市にある「犢橋(コテハシ)」なんて読めんですよねw
六実ににてる実籾(ミモミ)なんてのもあります。
Posted by 千葉県民 at 2014年05月03日 23:26
徳川時代
佐倉に幕府の直轄地があって牧場として使われていました
今でも土手などの名残があります
明治維新で新政府に引き継がれ開発の順に地名を名付けたそうです
初富
二和
三咲
豊四季
五香
六実
七重
八街
九美上
十倉
十余一
十余二
十余三と
Posted by nomu3 at 2016年03月21日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2006-10-23
Excerpt: <日記> 『人生の格言・名言集』より 人生とは、人前でバイオリンを弾きながら、しだいに腕を上げてゆくようなものである。       byサミュエル・バトラー スポーツだったら試合をしながらルールを覚..
Weblog: りんごアンテナ日記〜塾・パズル系ニュースサイト
Tracked: 2006-10-23 16:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。