2007年01月09日

紗綾形綸子

sayagata_rinzu.jpg

日本の伝統的な紋様、紗綾形(さやがた)綸子(りんず)。
時代劇などでよく見かけますね。
合同な形が隙間なく敷き詰められています。
一個分の形は正方形(通常は菱形)n個が連なった形になっています。
(いわゆるnオミノ)さて、nはいくつでしょうか?

aret
posted by aret at 07:26| Comment(5) | TrackBack(1) | パズル・クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレって、たしか「笑点」で見かけるヤツですよね。
Posted by 軟手固っ体 at 2007年01月09日 18:12
きっと、そうだと思います。

遠山の金さんなど町奉行が座る後ろの襖に描かれているのはよく見た覚えがあります。
(たぶん全体をつぶして菱形素子だったと思います)
Posted by aret at 2007年01月10日 00:56
基本が5×5の正方形なので25オミノなんすね。ふむふむ。
Posted by いわいまさか at 2007年01月12日 08:59
なるほど、そういう視点でみるのも面白いですね。

卍   卍



卍   卍

四隅の卍の頂点間は、あれれ?5√2
(5√2)^2=50
紗綾形が2セット入る計算になりますね。
Posted by aret at 2007年01月13日 00:26
トラックバックにありますが、
いわいまさかさんの考察は必見です。
http://masaka.seesaa.net/article/31280590.html
Posted by aret at 2007年01月13日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31107905

この記事へのトラックバック

正方形から紗綾形
Excerpt: パズルの問題は増すのかい?: 紗綾形綸子の記事を見た。そこで、正方形からの変形という観点で紗綾形を追ってみる。 赤は縦長、黄色は横長。 まずは、正方形の市松模様。プラパズルを思い出す。 上下に延ばし..
Weblog: まさかのパズル
Tracked: 2007-01-12 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。