2011年04月06日

ビンゴカードの配慮

おもちゃ屋さんで60枚セットのビンゴカードを買ったら、カードの右上に「タイプ3」と印刷されていました。説明を読むと、61人以上で実施する場合に異なるタイプのカードをお買い求めください、全5タイプだと300人同時に実施できる、という事でした。
逆に言えば同じタイプを2セット購入して120人で実施すると全く同じカードが2枚ずつ存在してしまい、同じタイミングで2人がビンゴしてしまうわけですね。
もし、同じカードは絶対に1枚しか生産しないというメーカーがあったとしたら、この会社は当面やっていけるでしょうか。。1日1万セット(=60万枚)出荷できるとしたら、何年もつでしょうか?

(典型的な5x5のBINGOカードの形式とします。真ん中にFREE、各列15の範囲(B列1〜15、I列16〜30・・・)とします)

aret
posted by aret at 23:57| Comment(7) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ソリッドパズル「FACOM」

facom.jpg

テンヨーのソリッドパズルシリーズの1つ。
ポリキューブのペントミノ12種類で
主に3×4×5の直方体に組むものです。
(他に2×5×6や2×3×10の問題も
紹介されています。)

FACOM(ファコム)という名前がついたのは
いろいろなパズルの解答を計算した
富士通のコンピュータFACOM270-30にちなんだ
との事。

(私のコンピュータとの出会いは富士通のFM−8
でした。また学生時代にお世話になった計算センター
の大型コンピュータも富士通でした。)

aret
posted by aret at 01:59| Comment(5) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ニコリ玉

どこかのサービスエリアでガチャガチャみたいのをやったら、ニコリ玉(仮称)が出てきました。
その玉には「ニコリ」という文字と、にこりと笑った表情があるのです。
喜怒哀楽を表現した顔文字的なバラエティの玉なのかな?
ニコリのパズルが好きなだけに気に入ってます。

aret
posted by aret at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ラッキーパズル

LuckyPuzzle.png

はなやまのラッキーパズルは昭和初期から遊ばれています。
数あるシルエットパズルの中でも日本では最も親しまれているものでしょう。
日本でのタングラムの流行り具合はどうだったのでしょうか。

aret

posted by aret at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

地球ゴマ

お正月にビンゴカードを探しにおもちゃ屋さんへ行ったところ、
懐かしの「地球ゴマ」(タイガー商会)をデッドストックのショーケースで発見。
大・小2タイプが1個づつ残っていました。
久しぶりに回して糸の上でバランスを取って遊びました。
軸受け部分にミシンオイルをたらし摩擦を減らしたら実際長い時間回転するようになりました。

aret
posted by aret at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

NASAHAYAWARAKAATAMA

NASAの人は頭が柔らかい。
宇宙を夢見て

NASAHAYAWARAKAATAMA

aret
posted by aret at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

新聞で一番使われている文字

昨晩のテレビ番組「シルシルミシル」でやっていた「すぐ調べる課」
数字に関する面白いネタでしたので思わず取り上げました。

朝日新聞のある日の朝刊全ページで使われている文字数は約何万文字?
その中で最も使われている文字は何か?
その文字数はどれくらい?

見ていなかった方は予想してみてください。


さて、その答えは?
posted by aret at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

「数学ゲーム T」

本屋さんでマーチン・ガードナーの「数学ゲーム T」の再刊版を見かけました。
日経サイエンス社のこのシリーズが再び脚光をあびそうですね。

aret
posted by aret at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ゆるやかな階段

soft_steps.png

ちょっと前に作図したパターン。
斜めにゆるやかな階段、ちょっと急な階段が見えます。
1枚の紙にH型の切れ込みを入れて上下左右に引っ張るとこんな模様になるでしょうか。
切れそうで切れないという点はちょっと難しいですね。
ミウラ折りのようにも見えたり、正方形と菱形の平面敷き詰め模様のようにも見えたり。。
いろんな所に人物を登場させたら、ちょっと面白そうです。

aret
posted by aret at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

木木木木木

木木木木木

元コリン星のゆうこりんが木々が並ぶ林の中で迷ってしまいました。
さて、ゆうこりんは何と言ったでしょう?
木木木木木
に口を二つ追加して台詞を完成させてください。

aret

答え(一応)
posted by aret at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

陸の孤島

lonely_island.png

このBLOGのカレンダー(2010年11月)の記事掲載日のつながりについて、
一昨日はVOIDができてしまい、今日は陸の孤島ができてしまいました。
今後はVOIDと陸の孤島ができないように頑張ります。

aret
posted by aret at 01:58| Comment(1) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

パズル四重奏

サイエンス社から昭和56年に出版された「パズル四重奏β(ベータ)」という本はパズル・数学界で有名な中村義作氏、西山輝夫氏、有澤誠氏、高木茂男氏の四人の共著によるものですが、どの記事をとっても面白いものばかりです。
パズルを解くにはよくヒラメキが必要だったり、地道にパターンをつぶしていって解に辿りつくためのロジックが必要だったり、あれこれと他の発想に置き換えてみる手探りが必要だったりしますが、この本は様々なパターンのパズルを壮快に解く方法を教えてくれます。

実は、α(アルファ)のほうは持っていなくて古本屋さんやヤフーオークションなどに出品されていないかと探索中です。

aret
posted by aret at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

漢字難問太郎

漢字難問太郎を買いました。
漢字簡単太郎というのもあります。
確かに難問ですが解けたときは嬉しさ一入。

aret
posted by aret at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

マイコンとパズルの世界

2冊目に出会った本が「マイコンとパズルの世界」小谷善行著・産報出版です。
BASICを使って問題を解かせる、コンピュータに考えさせるといった興味深い事柄をたくさんのパズル的な例題で丁寧にわかりやすく解説されています。
迷路の出口探索や、麻雀の持ち牌(13枚)がテンパイしているかどうか調べるアルゴリズムなどとても興味深かったです。出版されて30年近くたった今でも書かれている内容は新鮮です。

aret
posted by aret at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

BASICで広がる世界

「BASICで広がる世界」柏木恭忠著/CQ出版は、私が初めて出会ったコンピュータの本です。
BASICなるものの楽しさ、面白さを味わうことができ、コンピュータ(マイコン)の世界へと導いてくれました。挿絵がとても印象的で、興味を引き立ててくれました。

aret
posted by aret at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

幾何学模様

kikagakumoyou1.png

模様を描きました。
立方体の敷き詰め!?
見ていて面白いです。

aret
posted by aret at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

10年10月10日午後10時10分

'10年10月10日午後(ゴゴ)10時10分

aret
タグ:数字
posted by aret at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

歩道に寄木模様

yosegi_zaiku_on_walk.jpg

歩道にいくつもの寄木模様が・・・
思わず見とれてしまった、この場所は・・
箱根湯本の駅前の通りにありました。
タイルで表現した寄木模様はパズルチックで面白いですね。

aret
posted by aret at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

LOOK for 〜

design_barcode_look.png

LOOKチョコレートのデザインバーコード
ちょっとかわいいひとコマです。

aret
posted by aret at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

あったかな?なかった

attakana_nakatta.png

「あったかな?」「なかった。」
何かを探していたシチュエーションではちょっと残念な結果ですが、こんな何気ない会話にも面白いことが隠されていました。

ローマ字で書くと、
ATTAKANA NAKATTA


つづきを読む
posted by aret at 00:47| Comment(1) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

CRYPT

crypt.png

子供の頃、よく兄弟で「CRYPT」を遊びました。

[遊び方]
1〜24の数字が書かれたカードセットをシャッフルし、5枚ずつ全員に配ったあと、答えになる数字のカードを1枚開きます。全員が一斉に手持ちの5枚の数字を使って、四則演算で答えの数字を作ります。できた人は「クリプト」と宣言し、みんなに解答になる計算方法を説明します。

上のサンプル問題の場合、手持ちの5枚のカードを全部使って四則演算で「12」を作ります。
カードの色は計算の時は関係ありませんが、正解した場合に黒=1点、赤=2点、青=3点というようにカウントしました。
カードセットの内訳は1〜10が黒(3枚ずつ)、11〜19が赤(2枚ずつ)、20〜24が青(1枚ずつ)となっていたと思いいます。

aret
posted by aret at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

パズラボ帖

puzlab-cho.jpg

もうみなさんもご存知の素敵な素敵なパズラボ帖。
どこから読んでも共感でき、とても楽しいですね。

aret
posted by aret at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ダブルリング

double_ring.jpg

小さい頃(昭和40年代)、「ダブルリング(仮称)」で遊びました。
ダブルリングは2連のリングを5段つなげたものをあやとりのように変形させて、何かの形にするものです。いろんな形に対して適当に命名して楽しんでしました。
同じ遊びをしたことがあるという方は教えてください。

aret
posted by aret at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

PUZZLE ambigram

puzzle_ambi.png

PUZZLE ambigram

3年ほど前、「アンビグラム(ambigram)」というロゴ遊びに魅せられて、自分でも挑戦してみたくなりました。
180度回転させても同じように読めるというもので、「PUZZLE」という言葉で挑戦したところ、何とか読める形に仕上がりました。
アンビグラムは「メタ・マジック・ゲーム(D.R.ホフスタッター著)」で作者自身の作品がいくつか紹介されています。
また、Scott Kim氏による素晴らしい作品を氏のサイトで見ることができます。
http://www.scottkim.com/inversions/index.html

aret
posted by aret at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

みんながいるから遼がいる

eve_ryo_ne.png
everyone

遼くんがボールのデザインを変えたそうです。
英語の恩師の先生から贈られた言葉とのこと。
素敵な贈り物ですね。
そーないす!

aret
posted by aret at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

スクランブルキューブ

scramble_cube.jpg

スクランブルキューブは各キューブの動き方に大注目
「この動き、常識はずれ」
岡本キューブ、素晴らしいアイデアですね。

aret
posted by aret at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

絵描き虫

drawing_bug.jpg

実家に行った時、野菜をたくさんもらった。
長野の田舎から送ってもらった野菜だ。その中に写真のような模様のついたきゅうりがあったので、これ面白いね、と母親に話したところ、絵描き虫という虫が食べた跡だという。
見ようによっては南瓜の馬車のように見えなくもない。
本当に絵描き虫という虫がいるのだろうか。
他にどんな絵を描いてくれるのか興味津々。

aret
posted by aret at 02:12| Comment(3) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

月火水木金土日

mon_sun_color.png

カレンダーの曜日の色といえば、だいたい土曜日=青、日曜日=赤と相場が決まっていますが、オリジナルカレンダーを作り、七曜すべての色を変えるとしたら何色を割り当てますか?

虹の7色と呼ばれるものを割り当てるのはどうでしょうか?

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫
火、日、金、木、水、月・土

ちょっと無理があるかもしれませんね。

呼び名自体を変えるとしたら何曜日がいいでしょう?

aret
posted by aret at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

返信!トォー

kamen_cider.jpg
仮面サイダーを自動販売機で買ったら念願のBlack RX缶が出てきた。友達に返信!トォー

aret
posted by aret at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

いまどうしてる?

つい、言ったー
posted by aret at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。